KOGEI STANDARD Japanese Crafts Online Media

ニュース NEWS

李荘窯 寺内信二 作品展『泉山への回帰』展示レポート

手作りの茶碗や宝ひんが並ぶ

2021年11月12日(金)〜27日(土)、赤坂 HULS Gallery Tokyoにて、有田焼の窯元である李荘窯の四代目当主、寺内信二さんの作品展が開催されました。同ギャラリーでは今回で3度目の開催となる寺内さんの作品展。普段は窯元の当主としてものづくりに携わる寺内さんですが、本展では、ろくろで制作した新作の抹茶碗、宝ひん、ぐい呑、花瓶など、染付や白磁の作品を中心に展覧しました。加えて、特に注目したいのは、全ての作品が泉山陶石のみを原料に用いて制作されたこと。有田焼の原点に立ち戻り、これからの産地としての在り方に真摯に向き合います。

有田は、日本で初めて誕生した磁器の産地。17世紀初頭にこの地で泉山陶石が発見されたことに端を発します。それからおよそ200年の間、泉山陶石は有田焼の発展に大いに貢献してきましたが、扱いづらさなどの理由から今ではほぼ使われておらず、現代の有田焼のほとんどは天草陶石を原料に生産されています。

この状況の中、寺内さんは産地の原料を使うことの意味を今一度見つめ直します。地元の原料を使用していない有田焼は、果たして有田焼と言えるだろうか。有田焼ならではの、次世代にまで続いていく価値とは何だろうか。「新型コロナウイルスで一度世の中がリセットされた今こそ、原点回帰する時。ここをスタート地点として、これからの新しい有田焼を創造していきたい」と語る寺内さんの眼は、真剣そのものです。

寺内信二さん

寺内さんの染付作品は、見ているだけで楽しくなるような、味わい深い絵付けが魅力。ぐい呑をそれぞれ覗き込んでみるとよくわかります。一方、水切れの良さを意識して作られた機能性の高い宝ひん、幅広い用途に使えるミニ片口も、訪れた方々に好評でした。作品の土は全て泉山陶石ですが、透明釉や呉須の調合、焼き方を工夫することで、一つひとつ異なる豊かな表情が生まれます。古伊万里に範を取り、当時の陶工に想いを馳せながら制作された器たちの、絵付けの筆遣いや釉掛けの指跡一つひとつに、寺内さんの有田焼への想いが込められているようでした。

文:堤 杏子

■ 関連情報

・李荘窯 プロフィール
https://www.kogeistandard.com/jp/company/risoporcelain/

SHARE WITH