KOGEI STANDARD Japanese Crafts Online Media

ニュース NEWS

徳永榮二郎 作品展『季の流景』

東京 赤坂の現代工芸ギャラリー HULS Gallery Tokyoは、2022年2月4日(金)~19日(土) 、佐賀県有田で作陶を行なう徳永榮二郎氏の作品展を開催する。土と釉薬の組み合わせによる多彩な表現を得意とする徳永氏は、酒器や抹茶碗のほか、国内外の料理人のための器も数多く製作している。本展では、徳永氏が試行錯誤の末に完成させた、平面に釉薬が美しく流れる丸盆皿をはじめ、数多くのこだわりの作品を展覧。豊かな釉薬表現の世界を楽しみたい。

 

■ 徳永榮二郎 作品展『季の流景』開催概要
会期:2022年2月4日(金)~19日(土)  10:00〜18:30 *日祝休
会場:HULS GALLERY TOKYO (東京・赤坂/六本木)
作家オンライン在廊日:2月4日(金)・2月5日(土)  両日とも14:00~17:00

*ご予約不要。ご希望の方はギャラリーに直接お越しください。
*上記の時間帯以外で作家とのお話をご希望の場合は、ギャラリーまで直接お問い合わせください。
*開催内容は社会状況次第で変更となる可能性もございます。最新情報はギャラリーサイトおよび SNSにてご確認ください。

 

■ 徳永榮二郎 プロフィール
1977 年佐賀県有田生まれ。代々磁器を生産する徳幸窯の次男として生まれるも、京都で土物の修行を10年間行い技術を習得した。現在はロクロ師として家業を継ぎ、国内外で活動している。有田焼の伝統と京都で培った技術を融合させた独自の表現を追求している。

https://www.kogeistandard.com/jp/artist/eijiro-tokunaga/

SHARE WITH