KOGEI STANDARD Japanese Crafts Online Media

KOGEI & Me 作り手たちのストーリー

副島 正稚

Masanori Soejima
副島硝子
活動拠点
佐賀県
出身地
佐賀県
生まれ
1982年
役割
職人
メーカー
副島硝子

熱に耳をかたむけながら、空中で形づくる

副島硝子工業の次代を担う職人である、副島正稚さん。副島さんは「肥前びーどろ」と呼ばれる、佐賀県地方特有の型を用いない宙吹き硝子を得意とする。大学で硝子を学び、入社してからは父や先輩たちの背中を見ながら技法を学んできた。

手作業のみで行う宙吹きの成形作業は、熱との対話の日々だ。「硝子のものづくりは、手の器用さだけでなくて、熱のことを理解していないといけないんです。今どこが冷めていて、どこが熱いのかという、それさえきちんとわかっていれば、空中で形を変えられるんです」。伝統技術を継承する者としての責任を感じながらも、硝子の原料や製法の改善をするなど、飽くなき探究心を抱いている。

少数精鋭の工房で火を絶やすことなく稼働を続けるには、長期の休みをとる暇もないが、「まだまだガラスのことを知らない。もっともっと知りたい」と話す。副島さんの志は美しく輝き続けている。

SHARE WITH