KOGEI STANDARD Japanese Crafts Online Media

角館 伝四郎「時を紡ぐ」をテーマとした新作を発表

《素箱 十二角盆》と《金筒》

秋田県の角館で伝統工芸樺細工の製造・販売を行なう藤木伝四郎商店。昨年創業170周年を迎え、新たな1年目となる今秋、3つの新作を発表した。樺細工は長く使い続けることで艶・奥行・美しさを増す工芸品。多くの人々に愛用されてきた樺細工の歴史を紡ぎ、次世代へと届けるため、使い手と共に時を重ねる「時を紡ぐ」が新作のテーマとなっている。商品は藤木伝四郎商店 本店とオンラインストアで先行販売中。オンラインストアのトップページでは新たに作成された樺細工の魅力を伝える動画も公開されている。

《素箱 十二角時計》
十二角の頂点が時間を表す壁掛け時計。文字がないシンプルなデザインで、針の真鍮色と文字盤に使用されている「かえで」「さくら」「桜皮」の天然素材の持つ質感の調和が美しい。

《素箱 十二角盆》
時計と同じく十二角のお盆。サイズ違いを入子に重ねて置いても美しく、リズミカルな表情が憩いの時間を優しく彩ってくれる。用途によって選びやすい3サイズ展開。

《金筒》(能作+角館伝四郎)
帯とつまみの素材に、時と共に表情を変えていく真鍮を使用した茶筒。富山県高岡市の老舗鋳物メーカー「能作」が仕立てた真鍮は使い込むことで落ち着いた輝きに、本体の桜皮はしっとりとした質感にと、経年変化が楽しめる。

 

■ 商品詳細 ※価格は税別
《素箱 十二角時計》
サイズ:279.5 × 279.5 × 24 mm
価格:桜皮16,000円、さくら15,000円、かえで15,000円

《素箱 十二角盆》
サイズ:
(大)300 × 300 × 24 mm、(中)270 × 270 × 21 mm、(小)240 × 240 × 18 mm
価格:
(大)無地皮12,000円、さくら11,000円、かえで11,000円
(中)無地皮11,000円、さくら10,000円、かえで10,000円
(小)無地皮10,000円、さくら9,000円、かえで9,000円

《金筒》(能作+角館伝四郎)
サイズ:Φ82 × 122 mm
価格:20,000円

■ 問い合わせ先
株式会社藤木伝四郎商店
住所:秋田県仙北市角館町下新町45番地
TEL:0187-54-1151
FAX:0187-54-1154
E-mail:info@fujikidenshiro.co.jp
URL:http://denshiro.jp/
角館 伝四郎 オンラインストア:http://fujikidenshiro.co.jp/

SHARE WITH

KOGEI STANDARD

編集部

KOGEI STANDARDの編集部。作り手、ギャラリスト、キュレーター、産地のコーディネーターなど、日本の現代工芸に関する幅広い情報網を持ち、日々、取材・編集・情報発信を行なっている。