KOGEI STANDARD Japanese Crafts Online Media

KOGEI & Me 作り手たちのストーリー

藤本 浩輔

Kosuke Fujimoto
藤巻製陶
活動拠点
佐賀県
出身地
佐賀県
生まれ
1978年
役割
経営 兼 職人
メーカー
藤巻製陶

自分の原風景には青白磁がある

藤本浩輔さんは、有田焼の窯元「藤巻製陶」の長男として生まれ、大学卒業後に京都で製陶の修行を始めた。その後、有田に戻り、作家として陶器作りを開始。4年間、東京で個展を開催するなど、製造から販売までを主体的に経験することで、様々なことを学んだという。

こうした作家活動は有田では珍しかったことから、注目を集め、有田焼ブランド「1616/」に作り手として参加することになる。ブランドプロモーションのための海外訪問を通じて、世界のデザインを体感し、多くの刺激を受けた。また、デザイナーからの課題に対応していくうちに、商品企画も担うようになった。

そんな藤本さんの原風景には、焼き上がったばかりの青白磁があると言う。「器の表面が氷のようで、冷たいもののように見えるため、子どもはつい触って、やけどをしてしまうんです。自分もそうだった。」そんな涼しげな、澄んだ青を追求したいと話す藤本さん。ここから生み出される瑞々しい青色は、様々な形となって未来へ続いていく。

SHARE WITH