KOGEI STANDARD Japanese Crafts Online Media

須原 健夫

Takeo Suhara
金工作家 • 1978 –

大阪在住の金工作家。東京で彫金を学んだ後、自身の工房を構える。日本のものづくりの産地を巡った経験や民芸との出会いから、彫金や鍛金の技法を用いた真鍮のカトラリーを主に制作。用の美を体現する美しい生活の道具を作り続けている。

活動拠点
大阪府
Webサイト

POINT OF VIEW

一つ一つのカトラリーに残る手仕事の跡には、作家の創作への誠実な思いが込められている。静かな光を放つ美しい一品を、暮らしの道具として日々手にする贅沢。時と共に色合いを深めていく真鍮の優しい手触りは、日常を積み重ねていく事の尊さを身近に感じさせてくれる。

ARTIST BIOGRAPHY

1978年

大阪府出身

2002年

東京で彫金を学び始める

2002年

その後目黒に工房を構えジュエリー制作を始める

2008年

カトラリーの制作を始める

2008年

クラフトフェアまつもと、山口アーツ&クラフツに出展

2008年

以降、ARTS&CRAFT静岡手創り市、瀬戸内生活工芸祭等、全国のクラフトフェアに出展を続ける

2009年

工房を東京都青梅市に移転、工房名を「yuta」とする

2010年

全国のギャラリー等で展示活動を開始

2013年

工房を大阪府箕面市に移転

SHARE WITH