KOGEI STANDARD Japanese Crafts Online Media

インサイト Insight

BACK

KOGEI & Me

VOL.1-31 更新

副島 久洋・美智子

Hisahiro & Michiko Soejima
副久製陶所
活動拠点
佐賀県
出身地
佐賀県
生まれ
1960年 / 1966年
役割
経営 兼 職人

学ぶことが楽しくて仕方ない

嬉野茶の産地で知られる自然豊かな地で、長年、作陶を行う副島久洋さん・美智子さん。二人で口を揃えて「ついこないだまで、パソコンすら持っていなかったんです」と笑う姿は、仲睦まじい。

そんな副島夫妻は、2016年に行われる有田400周年を記念したプロジェクト「ARITA Revitalization」への参加をきっかけに、五種類の青色の色合いを持つ器「副久GOSU」を開発。展示会や店頭での試験販売は大きな注目を集め、縮小傾向にあった工房は活気を取り戻した。このプロジェクトを機に、さまざまな人と関わるようになったという美智子さん。作品をより広く知ってもらうために、ブログの勉強も始めた。「今は、人と出会い、学ぶことが本当に楽しくて仕方ないんです」と話す。

美智子さんが、器に濃み筆で丁寧に色を塗り重ねる姿は、凛として美しい。世界に向けて「副久GOSU」が飛び立つ日は近い。きっと世界は、この五種の色に驚くだろう。

SHARE WITH

KOGEI STANDARD

編集部

KOGEI STANDARDの編集部。