KOGEI STANDARD Japanese Crafts Online Media

花器

陶芸
工芸作家
樽田 裕史
産地
愛知県・瀬戸
サイズ
Φ165 x H210 mm
素材
陶石

美の探求

青白磁の透き通るような磁肌に、流麗な曲線が映し出す陰影。その凛とした佇まいの背景には、作家の美へのあくなき探求心がある。

古くからやきものの町として栄え、現在では多種多様な作家が活躍する愛知県瀬戸市で研鑽を重ねている若手陶芸家、樽田裕史。磁器の白さや、雲間から射す一筋の光に魅了され、自らの信じる美を表現すべく作品制作に励んでいる。線を用いた「蛍手」の技法は、その表現の探求の中から生まれた、氏の個性のひとつ。この花器からは、一つの芸術として認められる一流の作品を生み出したい、そんな夢を語る若き作家の目指すものの片鱗が感じられる。

掛け値なしに、将来が楽しみな作家のひとりである。

SHARE WITH