KOGEI STANDARD Japanese Crafts Online Media

萩 台ノ土茶碗 大道粉引

陶芸
工芸作家
坂倉 正紘
産地
山口県・長門
サイズ
Φ140 x H75 mm
素材
陶土

土との対話

山口県長門市深川湯本に約360年続く萩焼の窯元、坂倉新兵衛窯。かの由緒ある窯の後継者である若き作家が今、その才を開花させている。

坂倉正紘の手による本作は、その人柄を表すように、全体に優しい温かみを纏う。手に取った時の質感や、見込みや高台に表れた黒く煤けたような風合いには、土の味わい深さが遺憾なく発揮されている。坂倉氏の土への向き合い方は真摯そのもので、土づくりから自らの手で行ない、如何にして萩の土の魅力を引き出すかを常に追求している。

萩焼は、茶道の文化とともにその歴史を紡いできた。「萩の七化け」と言われるように、お茶を楽しむたびに景色が変化していくことも、萩の茶碗が持つ妙味だ。本作はこれから、使い手のもとでどのように育っていくだろうか。そんな想像を巡らすこともまた一興である。

SHARE WITH