KOGEI STANDARD Japanese Crafts Online Media

小田陶器

Oda Pottery
社名
小田陶器株式会社
地域
岐阜県・瑞浪市
住所
〒509-6114 岐阜県瑞浪市西小田町2-100
代表
田所 靖弘
創業年
1921年
従業員数
55名

ROOTS

岐阜県瑞浪市は、周辺の多治見市と土岐市と合わせて、日本最大の陶磁器生産量を誇る美濃焼の産地である。この地に広大な敷地をもつ小田陶器は1921年に創業。和食器のOEMを中心に事業を展開してきた。全自動成形機による高い生産力と、徹底した品質管理を強みに、ホテルやレストラン向けの業務用食器や日本各地の上絵メーカー向けの下地を安定的に供給している。原料には近隣地域で採れる白磁素材を主に使用。「白いキャンバス」と称される白磁で、90年代後半から、その特性を活かしたオリジナル商品の開発に取り組んでいる。

広大な敷地

小田陶器の強みは、ローラーマシンや圧力鋳込みを用いた量産力だが、一つ一つの作業には、人の手による細かな調整が不可欠であり、職人らの長年の経験によって、それらの技術を積み上げてきた。近年では、下地作りだけでなく、釉薬表現や、シリコンパッドを利用して転写を行うパッド印刷にも対応するなど、表現の幅を広げている。

日本の伝統的な意匠を想わせる独自の紋

パッド印刷に対応

同社のオリジナル商品で、透けるように薄く、透光性のなる白磁が模様を織り成す器「frill(フリル)」は、2015年のグッドデザイン賞を受賞。柔らかい光が素地を通して洩れる設計で、ランプシェードにも応用された。2017年には、岐阜県の主催する国際的な企画である「SEBASTIAN CONRAN GIFU COLLECTION」に参加。世界的なデザイナーであるセバスチャン・コンラン氏とのコラボレーションも実現した。これらの取り組みをはじめ、量産システムにおける表現の可能性を切り開いている。

PRODUCT

SHARE WITH