KOGEI STANDARD Japanese Crafts Online Media

鼠志野茶碗

陶芸
工芸作家
山口 真人
産地
愛知県・瀬戸
素材
陶土

緋に燃える志野

美濃桃山陶を代表する様式の一つ、志野。ざっくりとした百草土を使用し、長石釉を厚くかけて作られる焼き物は、焼成の力強さと釉薬の柔らかい質感を兼ね備え、他にはない独特の魅力で桃山時代から現在に至るまで多くの人を惹きつけている。

山口氏の手掛ける鼠志野は、薪の燃える音や火の熱さが伝わってくるような臨場感にあふれている。鬼板と呼ばれる鉄分の多い泥土を全体に施した後、さらに異なる鬼板で鉄絵を描いており、赤みがかった釉の奥から滲み出た鉄が、表面に黒々とした痕跡を残している。柚子肌の細かな孔は見込みにも多く現れ、どの角度から眺めても見飽きることがない。

意欲的な作風でも知られる作家の根底に息づく、桃山陶への深い造詣。手元に置き、茶に染まり変わりゆく姿を見届けたい逸品だ。

SHARE WITH