KOGEI STANDARD Japanese Crafts Online Media

寺内 信二

Shinji Terauchi
李荘窯当主 • 1962 –

美大にてデザインを学び、商社で営業の経験を積んだ後、有田焼窯元「李荘窯業所」に入社。現在は四代目当主として磁器の生産に携わる。初期伊万里に学び、時代に左右されない美しいかたちを有田焼の伝統と品質で表現した器が特徴。国内外のトップシェフとのコラボレーションを精力的に行なうなど窯元としての活動のほか、不定期に個人で作品を発表し、活躍の場を広げている。

活動拠点
佐賀県・有田
Webサイト
ブランド
李荘窯

POINT OF VIEW

古の陶工たちが遺した陶片に宿る、人の温もり、手仕事の跡。それは、有田焼の原点であると同時に、目まぐるしく変化していく未来への道しるべでもある。寺内氏が信念を持って世に送り出す器には、日本人が受け継いできたものづくりの品格が、確かに映し出されている。

CRAFT ARTIST BIOGRAPHY

1962年

佐賀県有田町生まれ

1985年

武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科卒業

1985年

(株)アイトー商品開発室入社

1988年

(有)李荘窯業所入社 古伊万里の研究・再現に入る

2015年

第112回九州山口陶磁展(現:有田国際陶磁展)第1位・経済産業大臣賞受賞
その後毎年入賞

SHARE WITH