KOGEI STANDARD Japanese Crafts Online Media

白茶碗 不二山

陶芸
工芸作家
柳下 季器
産地
三重県・伊賀
発表年
2022年
素材
陶土

最高峰を称えて

「写し」とは、本歌への惜しみない賛辞であると同時に、自らの技と感性をもってその美を表現することへの、陶芸家の気概が顕著に表れるものだ。

本作《白茶碗 不二山》は、言わずと知れた桃山時代の文化芸術の大家、本阿弥光悦作《白楽茶碗 銘不二山》の写しである。《白楽茶碗 銘不二山》は、日本の国宝にも指定されている稀代の名品。柳下氏は、桃山時代に生まれた数々の名品を愛し、こうした写しの制作に取り組む中で、着々とその完成度を上げてきている。

白釉が炭化によって黒く発色し片身替りの様相を呈すこの茶碗は、本歌の銘の由来に違わず、白雪を頂く美しい富士山を連想させる。艶やかな白と黒、細かい貫入、切り立つような形の全てに、光悦の時代から変わらぬ日本の美意識が見て取れるようだ。柳下氏が過去の名品と丁寧に向き合い制作する作品は、観る者に新たな感動を与える逸品となるであろう。

SHARE WITH