KOGEI STANDARD Japanese Crafts Online Media

田中 瑛子

Eiko Tanaka
木地師・漆芸家 • 1983 –

石川県加賀市在住の漆芸作家/木地師。中嶋虎男氏に師事し、木地挽きから漆塗りまでを手がける。独自の感性で事象の二面性を捉え、美しい形姿の作品を生み出している。

活動拠点
石川県・加賀
Webサイト

POINT OF VIEW

それぞれの木の個性を引き出すことは、田中瑛子の本能なのだろう。絶妙に塗り重ねられた漆は、栃の木に新たな命を吹き込んでいる。巧みな木地挽きによる曲線の魅力も重なり、見事な世界観を作り出している。

EXHIBITION

漆芸 田中瑛子 作品展『暁まで』

会期:2021年12月10日(金)~25日(土)  10:00〜18:30 *日祝休
会場:HULS GALLERY TOKYO (東京・赤坂/六本木)
作家在廊予定日:12月17日(金)・12月18日(土)・12月20日(月)

*12月15日(水) 19:00より、オンライン(Zoom)で作家のアトリエ訪問を開催します。
詳細はギャラリーサイトおよび SNS にてお知らせいたします。

*状況により変更の可能性がございます。最新情報はギャラリーサイトにてご確認ください。

CRAFT ARTIST BIOGRAPHY

1983年

愛知県生まれ

2005年

愛知教育大学造形文化コース漆芸専攻卒

2010年

石川県挽物轆轤技術研修所専門コース卒業

2012年

独立「工房あかとき」設立

2013-年

東京、NY、インドネシア、コロンビア、台湾、ドイツ、オランダ、シンガポール、タイ等で展示、技術指導など活動を広げている。

SHARE WITH