KOGEI STANDARD Japanese Crafts Online Media

白瓷茶碗

陶芸
工芸作家
今泉 毅
産地
埼玉県
発表年
2021年
サイズ
Φ110×H85mm
素材
陶土

果てしない雪景色

細かな貫入が幾重にも広がり、雪の結晶のように煌めく様は、一面の銀世界が光を受けて輝くよう。重なり合う白い襞が奥深さを生み出し、その景色はいつまでも見飽きることがない。

中国宋代の陶磁器に影響を受けた今泉氏は、釉薬の調合、土との相性、焼成の温度や時間について繰り返し綿密な研究を重ね、自分らしい表現を追求している。清らかな光を放つ白瓷茶碗は、磁器のように白さのある土を使い、高台は丁寧に銀で彩られ、どこまでも無垢な白い姿が美しい。丸く優しい形は、茶道具としての使いやすさと、白瓷がより引き立つ形状を模索し、たどり着いたものだ。

中国の古陶のように、時代や場所を超えて世に残る美の境地を目指して、作家のひたむきな歩みはこの先も続いていくだろう。光輝く一碗はその道を明るく照らしてくれるに違いない。

SHARE WITH